マンガ・ギリシャ神話 英雄ヘラクレス

マンガ ギリシア神話〈5〉英雄ヘラクレス (中公文庫)

マンガ ギリシア神話〈5〉英雄ヘラクレス (中公文庫)

随分と間隔が空いてしまいました。もうすでに一ヶ月以上も前に読み終わっており、今ではシリーズすべてを読破しています。

なぜこんなに間が空いてしまったかというと書くのもだるかったから…ではなく、面白さに圧倒されて何を書いて良いか解らなくなったからというのが正しいでしょう。面白おかしく茶化すことすらできないくらいに、その世界観にのめり込んでしまいました。
ペルセウスメデューサ討伐とヘラクレスの冒険といえば、ギリシャ神話のエピソードの中でも鉄板中の鉄板ですから、当然とも言えます。実のところ、この一冊だけを買っても十分に楽しめるでしょう。それくらい完成度の高い一冊です。

ヘラクレスてかっこいいですね。突然キレるのは怖いけど。ケルベロスすら猫扱いってどういうことよ(笑) 。個人的にはアトラスをうまく使って(騙して)黄金の林檎を手に入れたのは感心しました。一歩間違えればアトラスの代わりに一生世界を支えていかなければならなかっただろうに。いや、これはアトラスの方がうっかりさんだったのでしょうか?ケンタウロスとプロメテウスを引き合わせて二人を苦しみから救ったエピソードは軽い衝撃でしたね。 「死ぬべき運命にある」ヘラクレスこそが身代わりとして死ぬ人物だと予想していたので。